週刊ラトビアニュース 3月17日(土)~3月23日(金)

317日(土)~323日(金)までのラトビア情勢を解説とともにお伝えします。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

【今週のヘッドライン】
❖オスタペンコ選手がWTAランキングで5位に上昇
❖オーストリアの企業がKVVリエパーヤ・メタルーグスの圧延工場を落札
❖社会保障税未払い者の強制医療保険料は月額51.6ユーロ
❖教育機関で用いる言語の統一に向けた関連法案が可決
❖ラトビア独立100周年記念百科事典が10月に発刊予定
❖格付機関S&P Globalがラトビアの格付けを据え置き
【政治日程】
❖リンケービッチ外相 ブリュッセル訪問(3月18日~20日、EU総務・外務理事会出席)
❖クチンスキス首相 ブリュッセル訪問(3月22日~23日、欧州理事会出席)

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

❖オスタペンコ選手がWTAランキングで5位に上昇

3月19日、最新のWTA(女子テニス協会)ランキングが発表され、ラトビアのエレナ(アリョナ)・オスタペンコ選手が5位に上昇した。今年1月のランキング(6位)に引き続き、自己記録を更新した。


❖オーストリアの企業がKVVリエパーヤ・メタルーグスの圧延工場を落札

3月20日、破産手続中の製鉄会社大手KVVリエパーヤ・メタルーグス(KVV L/M)社の圧延工場が競売にかけられ、オーストリアのSmart Stahl社が190万ユーロ(VAT込み)で落札した。破産管財人のコリス氏によると、Smart Stahl社のほかにラトビア企業2社(Tolmets社及び FeLM社)も応札していた。Smart Stahl社は同圧延工場での生産を再開し、KVV L/M社のかつての労働者を呼び戻す意向を示している。

ちなみにこのコリス氏は、破産管財人の再認定試験に合格できなかったため31日付で管財人の資格を失っており、3月21日付でKVV L/M社の破産管財人から正式に解任された。


❖社会保障税未払い者の強制医療保険料は年間51.6ユーロ

3月22日の報道によると、昨年12月に可決されたヘルスケア・ファイナンス法の規定に従い導入された強制医療保険料は月額4.3ユーロ(年額51.6ユーロ)に定められ、今年9月から支払いが開始されることが明らかになった。現在、政府が関連の閣議規則案を策定している。ヘルスケア・ファイナンス法は、未成年者、年金受給者、失業者などを除き、各個人が政府負担の医療サービスをフルで受けるためには、社会保障税または最低賃金の1%相当(月額 4.3 ユーロ)の健康保険料を支払うことを義務付けている。健康保険料は2019 年には最低賃金の3%(12.9ユーロ)、2020 年には5%(21.5ユーロ)まで引き上げられる計画だ。


教育機関で用いる言語の統一に向けた関連法案が可決

3月22日、国会は、教育機関で用いる言語を段階的にラトビア語に統一するための関連法改正案を可決した。これにより、2019/20年度からは1~6学年の授業は50%以上、7~9学年の授業は80%以上をラトビア語で教えることと、9学年の最終試験を全てラトビア語で行うことが義務づけられた。その後、2020/21年度からは、1011学年の授業については少数民族の学校の一部科目を除き基本的に全てラトビア語のみで教えられ、2021/22年度からはこれに12学年が加わることとなる。

この教育計画に対してはロシア語系住民を中心に反対意見もあり、各地での抗議活動や法案棄却のための署名運動なども行われていたが、法案は賛成多数で無事通過。まもなく大統領が公布する予定だ。

❖ラトビア独立100周年記念百科事典が10月に発刊予定

3月22日の報道によると、ラトビア独立100周年を記念した「国民百科事典」が10月18日に発刊されることが明らかになった。オンライン百科事典サイトは12月18日にオープン予定。

百科事典の発行は独立100周年を記念したメイン事業の一つ。ほかにも、記念映画の製作やスクールバッグの配布、そして夏の「歌と踊りの祭典」などが今年のビックイベントだ。


❖格付機関
S&Pグローバルがラトビアの格付を据置き

3月23日、格付機関S&Pグローバルは、ラトビアの長期ソブリン格付けを自国通貨・外貨建てともに「A-」に据え置くと発表した。見通しも「ポジティブ」に維持した。S&Pは、投資の拡大と良好な外部環境に支えられ、2018年~21年の経済成長率は3%前後になると見込んでいる。また、(清算手続中の)ABLV銀行を巡る状況は非居住者向けサービスを提供するラトビアの銀行のレピュテーション・リスクを強調するものの、これが政府の財政コストに繋がることはないとコメントしている。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

以上、今週のニュースをお伝えしました。次回は331日(土)以降に更新の予定です。

(3月18日に行われたロシア大統領選挙在外投票の様子。リガ市内のロシア大使館前には長い行列ができていました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です